Text Size A A A

サン・ファーマ社(インド)について

Tell a Friend Print Home » Japan » サン・ファーマ社(インド)について

サン・ファーマ社(インド)について

サン・ファーマ社は1983年に設立されたインドを拠点とするグローバル製薬企業です。2015年4月、ランバクシー・ラボラトリーズ社の吸収合併手続きを完了し、創業30年にして、総売上高USD5.1Billion(約6,200億円、1ドル=120円)の世界第5位のジェネリック医薬会社となりました。

当社では、原薬製造、製剤化検討、臨床開発から販売までを自社独自に行うことにより、高い利益率を維持し、経済性に優れ、高い品質の医療用医薬品を世界中に提供しています。

現在、世界に45の製造所を保有し、150を超える国々に医薬品を提供しています。

サン・ファーマ社の概要

創業 1983年
本社 ムンバイ(インド)
代表者 会長:イスラエル・マコブ
マネージング・ディレクター:ディリップ・シャングヴィ
売上高 162,000百万ルピー(2013-14)
*1ルピー=約1.87円(2015年5月現在)
従業員数 30,000名(2015年4月現在)
製造 製剤:34工場(インド、米国、カナダ、ハンガリーなど)
原薬:11工場(インド、米国、イスラエル、ハンガリーなど)
研究開発 研究開発費:売上の6.3%(2014年度実績)
研究員数:1,300名

製造所

Map

売上構成比率等(製品群、地域別)

【製品群別(インド国内)】
Map

【地域別】
Map

 

Japanese